English
プロフィール写真
仲村トオルTORU NAKAMURA

Toru Nakamura was born on 1965 in Tokyo., Japan.
His career began with his lead role of “Toru Nakama” on “BE-BOP-HIGHSCHOOL”(85).
He was selected out of 6000 actors who auditioned for the main role. This was his breakout film which won him an academy award and so many other awards. The film was a massive blockbuster in japan and they produced 6 other series.

He was on popular television series “DANGEROUS COPS” which started broadcasting since 1986. It became the longest tv series and movie series for 30 years until they made the last movie called “DANGEROUS COPS : Final 5 Days”(16).

Toru achived moderate fame as international actor in early 2000.He won the best supporting actor award at 39th Grand Bell award” which is called academy award in Korea with this role on “2009 LOST MEMORIES ”(korea/04). He was the first Japanese actor who won this award. He also starred in “PURPLE BUTTERFLY”(China & France /05) which was on 62th Cannes film festival.

Seeing him in the theater allows you to see his talent. NODA MAP “EGG”(12) was invited to Paris shiyo theater. KERA-MAP “GOOD‐BY” won the best play 23rd Yomiuri theater award.

The most significant roles in his body of work to date include the plays “MUSIC OF CHANCE”(2005/2008), “KIKKAI” series (2009/2011/2016), “OTHELLO”(13). He has been active in film and television drama since making his acting debut.TV shows “TEAM-BATISTA”(08~14/KTV・CX), “IE‐URU‐ONNA” , films “SEPPUN”(07) <23 rd Takasaki film festival for best actor>, “K-20:Legend of the Mask” (08), “THE SUMMIT : A Chronicle of Stones”(09), “STRANGERSE IN THE CITY”(10), “A CHORUS OF ANGELS”(12),“TEAM-BATISTA‐FINAL CERBERUS‐PORTRAIT”(14). He also has been to narrate for documentary series because of his charming voice.

1965年、東京都生まれ。
1985年、映画『ビー・バップ・ハイスクール』の出演者公募にて、約6,000名から主人公の中間徹役に選ばれ、俳優のキャリアをスタート。日本アカデミー賞をはじめとする数々の新人賞を受賞する。同映画はヒットし、全6作が製作された。翌‘86年より放送が開始されたTVドラマ『あぶない刑事』も高い人気を得て、TVドラマ、映画共にシリーズ化されたが、『さらば あぶない刑事』(16)に至るまでの30年に渡るシリーズ全作に出演している。
韓国映画『ロスト・メモリーズ』(04/日本公開)では、韓国のアカデミー賞といわれる大鐘賞映画祭<第39回>において、最優秀男優助演賞を外国人として初めて受賞。中仏合作映画『パープル・バタフライ』(05/日本公開)は第62回カンヌ映画祭コンペティションに出品されるなど、国外でも実力が評価された。
近年は舞台でも、その存在感を発揮しており、2015年の舞台NODA・MAP [エッグ](12年初演)はPARIS国立シャイヨー劇場において招聘公演。同年のKERA・MAP [グッドバイ] は第23回読売演劇大賞・最優秀作品賞を受賞している。
このほか主な舞台出演作品には [偶然の音楽](05/08)、[奇ッ怪] シリーズ(09/11/16)、 [オセロ](13)など。テレビドラマには『空飛ぶタイヤ』(08/WOWOW/2009年度民放連ドラマ部門最優秀作品賞、ATP賞グランプリほか受賞)、『推定有罪』(12/WOWOW)、『チーム・バチスタ』シリーズ(08~14/KTV・CX)、『陰の季節』『刑事の勲章』(共に16/TBS)、『家売るオンナ』(16/NTV) 、『ラストチャンス-再生請負人-』(18/TX) など。映画には『接吻』(08/第23回高崎映画祭主演男優賞)、『K-20 怪人二十面相・伝』(08)、『劒岳 点の記』(09)、『行きずりの街』(10)、『北のカナリアたち』(12)、『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』(14)、『64‐ロクヨン‐ 前編/後編』(16)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17) などがある。
また、近年はドキュメンタリー作品のナレーションなど、声の魅力を活かした仕事にも多数、取り組んでいる。

  • 2021.10.15

    10/17 [日本沈没-希望のひと-]よる9時から♯2放送!

    TBS系【日曜劇場】[日本沈没-希望のひと-]第2話は10月17日(日)よる9時<21:00>から、15分拡大放送!
    【公式WEB】⇒こちら 【公式Twitter】⇒こちら 【公式Instagram】⇒こちら

    TBS

  • 2021.10.11

    10/13[ワールド極限ミステリー]にゲスト出演

    TBS系『ワールド極限ミステリー』に仲村がゲスト出演します。放送は10月13日(水)よる8時~2時間スペシャル!
    詳しくは⇒こちら

    ■TBS系【日曜劇場】[日本沈没-希望のひと-]第2話は10月17日(日)よる9時から15分拡大放送
    【公式WEB】⇒こちら 【公式Twitter】⇒こちら 【公式Instagram】⇒こちら

    TBS

  • 2021.10.07

    10/10 [日本沈没-希望のひと-]よる9時から初回放送START!

    信じられるリーダーはいるか! 仲村が総理大臣・東山栄一を演じるTBS系【日曜劇場】[日本沈没-希望のひと-]は10月10日(日)よる9時から。
    25分の拡大放送!
    ■10月9日(土) 00:50~ナビ番組放送予定!
    ■10月10日(日)午後4:30(16:30~)ナビ番組放送予定!

    【公式WEB】⇒こちら 【公式Twitter】⇒こちら 【公式Instagram】⇒こちら

  • 2021.10.05

    映画『愛のまなざしを』ムビチケ発売中!

    11月12日より公開予定の映画『愛のまなざしを』(万田邦敏監督作品)の予告編が公開されました!
    【ムビチケ】も発売開始されています。スマホ壁紙3種類のプレゼント!という特典付きです。
    ■公式WEB⇒こちら
    ■映画『愛のまなざしを』 (@aimana_movie) | Twitter⇒こちら

    Love Mooning Film Partners

  • 2021.10.04

    10/10 [日本沈没-希望のひと-]初回放送は25分拡大!

    TBS系【日曜劇場】[日本沈没-希望のひと-]の制作発表記者会見が、10月3日に東京タワーを望む会場で行われた。
    いよいよ迫った初回放送は、10月10日(日)よる9時~25分の拡大放送!
    【公式WEB】⇒こちら 【公式Twitter】⇒こちら 【公式Instagram】⇒こちら

    TBS

  • 2021.09.10

    9/10 舞台[砂の女] 完走!

    「ケムリ研究室no.2『砂の女』」兵庫公演、無事に終幕。大千穐楽を迎えることができました!
    稽古期間中からカンパニーが一丸となって、万全の対策の中で築き上げてきた公演。ご来場いただいたお客様にも様々なご協力をお願いをする中での完走。本当にありがとうございました!
    【キューブ舞台制作(@cube_stage)Twitter】⇒こちら
    そして! 緊急事態宣言の影響を受け「チケットをご購入いただけなかったお客様、感染拡大下でご来場を断念されたお客様にご覧いただく機会を」というカンパニーの思いから、オンデマンド配信が決定。舞台映像<シアタートラムにて収録>を配信用に編集した“配信限定編集版”となります。
    ■ケムリ研究室no.2 『砂の女』 オンデマンド配信
    <チケット販売期間>  9/11(土) 10:00より 10/6(水) 21:00まで
    <配信期間>      9/30(木) 10:00より 10/6(水) 23:59までアーカイブ有
    <配信元>       「PIA LIVE STREAM」(チケットぴあ)⇒こちら「Streaming+」(イープラス)⇒こちら
    ※詳しくは⇒こちら

    ケムリ研究室/キューブ舞台製作 撮影:引地信彦

  • 2021.09.07

    9/08 深夜1:10よりドラマ[ハチナイ]最終話OA!!!!!!!!!

    テレビ東京系【水ドラ25】[八月は夜のバッティングセンターで。]<通称:ハチナイ>は9月08日(水)深夜1:10より放送。
    “Life is baseball!”も聞き納め?ベースボールヒューマンドラマ、最終話を迎えます!
    夏葉 舞(関水 渚さん)のバッティングセンターでのバイトも残りわずかとなった、夏の終わり。
    伊藤智弘(仲村)は、ついに舞の心の修復に立ちむかうこととなった。ワープした“脳内世界“には、舞の心を浄化へと導く“野球哲学“を展開するレジェンドは現れるのか!!
    【公式HP】⇒こちら 【公式Twitter】⇒こちら 【アメブロ公式】⇒こちら
    ■伊藤の名前に託された“秘話“は⇒こちら

    TX<「八月は夜のバッティングセンターで。」製作委員会>

  • 2021.09.07

    [森田芳光全映画]にエッセイを!

    映画界を閃光のごとく駆け抜けた森田芳光監督の生誕70周年プロジェクト[森田芳光70歳祭(ななじゅっさい)]絶賛・開催中です!
    ★ユーロスペース/PFF/新文芸坐などで、森田監督作品を特集上映中
    ★9月16日(木)発売 [森田芳光全映画](リトルモア)■書籍公式サイト⇒こちら(リトルモア)
    ※総勢50名を超える“ゆかり“ある人々が執筆したエッセイやインタビューなどを収録
    <仲村もエッセイを書かせていただいています>
    唯一無二の森田監督に関する研究書・日本映画界の超一級資料<B5判・568ページ・並製>
    ★12月20日(月)発売 [全監督作品コンプリート(の・ようなもの) Bul-ray BOX(完全限定版)](全27枚組)発売⇒予約受付中
    ※映画会社の垣根を超えられるだけ乗り越えて! 森田芳光監督が生涯に手掛けた映画作品(全26作)を収録
    <仲村は『悲しい色やねん』『海猫 umineko』『わたし出すわ』に出演しています>
    ■公式サイト[森田芳光70祭]⇒こちら
    ■公式Twitter[森田芳光と“わたし“@tarimo70]⇒こちら
    ■公式Instagram[@tarimo.70]⇒こちら

    森田芳光70祭プロジェクト

  • 2021.09.05

    舞台[砂の女] 9/5 東京公演・千穐楽!

    仲村お誕生日の本日!「ケムリ研究室no.2『砂の女』」東京公演、無事に千穐楽を迎えました!新しい歳を迎えての初仕事が本公演の東京・千穐楽。誰が図ったわけでもない偶然のタイミングでした!
    劇評もおしなべて高評価をいただいております。

    ※毎日新聞8/30夕刊 ※日経新聞8/31夕刊  ※読売新聞8/31夕刊  ※朝日新聞9/2夕刊
    ■産経新聞webの劇評は⇒こちら
    ■東京公演・ご来場者の<Togetterまとめ ケムリ研究室.no2「砂の女」>は⇒こちら

    昨夏の“ケムリ研“旗揚げ公演『ベイジルタウンの女神』(DVD、戯曲本も発売中)よりも、むしろ厳しい状況下での開幕となりました。東京公演を先ずは完走。そして兵庫で<宣言延長に伴い当日券の発売などはございません>大千穐楽を迎えられることを祈って!

    【公式HP】⇒こちら

    ★公演に関する最新情報に常にご注意ください。【キューブ舞台制作(@cube_stage)Twitter】⇒こちら

    キューブ舞台制作  撮影:引地信彦

  • 2021.08.31

    9/01 深夜1:10よりドラマ[ハチナイ]第8話OA!!!!!!!!

    テレビ東京系【水ドラ25】[八月は夜のバッティングセンターで。]<通称:ハチナイ>、第8話は9月01日(水)深夜1:10<※通常枠>より放送。
    さて、今回は―――。夏葉バッティングセンターにやってきたロケ隊が、出演者であるアイドル・グループの新センター・神崎ひな(山崎夢羽さん)に苛立っている。自分が目立つことで精いっぱいで、マネージャーが窘めても不満げ。無責任な言動に思わず怒りを露わにする舞(関水  渚さん)。
    その様子を静かに見ていた伊藤が、ひなの心に隠されている不安に気づいた―――。
    “Life is baseball!” 伊藤の一声で、一同が妄想世界へワープすると、現れたのはミスター・スワローズ! 古田敦也さん(ご本人役)だ!レジェンドの野球哲学から導き出されたアドヴァイスの言葉は、彼女の不安を取り除くことができるのか――。
    【公式HP】⇒こちら【公式Twitter】⇒こちら【アメブロ公式】⇒こちら
    ■マイナビニュース<仲村のロングインタビュー、20代頃の草野球チームの投球写真も掲載>⇒こちら

    TX<「八月は夜のバッティングセンターで。」製作委員会>

     

Prev Next
  • 土曜名馬座
  • 愛のまなざしを
  • 砂の女
  • 密告
  • エビオス錠
  • SYS HOLDINGS
  • ハチナイ
  • 日本の轍