English
プロフィール写真
仲村トオルTORU NAKAMURA

Toru Nakamura was born on 1965 in Tokyo., Japan.
His career began with his lead role of “Toru Nakama” on “BE-BOP-HIGHSCHOOL”(85).
He was selected out of 6000 actors who auditioned for the main role. This was his breakout film which won him an academy award and so many other awards. The film was a massive blockbuster in japan and they produced 6 other series.

He was on popular television series “DANGEROUS COPS” which started broadcasting since 1986. It became the longest tv series and movie series for 30 years until they made the last movie called “DANGEROUS COPS : Final 5 Days”(16).

Toru achived moderate fame as international actor in early 2000.He won the best supporting actor award at 39th Grand Bell award” which is called academy award in Korea with this role on “2009 LOST MEMORIES ”(korea/04). He was the first Japanese actor who won this award. He also starred in “PURPLE BUTTERFLY”(China & France /05) which was on 62th Cannes film festival.

Seeing him in the theater allows you to see his talent. NODA MAP “EGG”(12) was invited to Paris shiyo theater. KERA-MAP “GOOD‐BY” won the best play 23rd Yomiuri theater award.

The most significant roles in his body of work to date include the plays “MUSIC OF CHANCE”(2005/2008), “KIKKAI” series (2009/2011/2016), “OTHELLO”(13). He has been active in film and television drama since making his acting debut.TV shows “TEAM-BATISTA”(08~14/KTV・CX), “IE‐URU‐ONNA” , films “SEPPUN”(07) <23 rd Takasaki film festival for best actor>, “K-20:Legend of the Mask” (08), “THE SUMMIT : A Chronicle of Stones”(09), “STRANGERSE IN THE CITY”(10), “A CHORUS OF ANGELS”(12),“TEAM-BATISTA‐FINAL CERBERUS‐PORTRAIT”(14). He also has been to narrate for documentary series because of his charming voice.

1965年、東京都生まれ。
1985年、映画『ビー・バップ・ハイスクール』の出演者公募にて、約6,000名から主人公の中間徹役に選ばれ、俳優のキャリアをスタート。日本アカデミー賞をはじめとする数々の新人賞を受賞する。同映画はヒットし、全6作が製作された。翌‘86年より放送が開始されたTVドラマ『あぶない刑事』も高い人気を得て、TVドラマ、映画共にシリーズ化されたが、『さらば あぶない刑事』(16)に至るまでの30年に渡るシリーズ全作に出演している。
韓国映画『ロスト・メモリーズ』(04/日本公開)では、韓国のアカデミー賞といわれる大鐘賞映画祭<第39回>において、最優秀男優助演賞を外国人として初めて受賞。中仏合作映画『パープル・バタフライ』(05/日本公開)は第62回カンヌ映画祭コンペティションに出品されるなど、国外でも実力が評価された。
近年は舞台でも、その存在感を発揮しており、2015年の舞台NODA・MAP [エッグ](12年初演)はPARIS国立シャイヨー劇場において招聘公演。同年のKERA・MAP [グッドバイ] は第23回読売演劇大賞・最優秀作品賞を受賞している。
このほか主な舞台出演作品には [偶然の音楽](05/08)、[奇ッ怪] シリーズ(09/11/16)、 [オセロ](13)など。テレビドラマには『空飛ぶタイヤ』(08/WOWOW/2009年度民放連ドラマ部門最優秀作品賞、ATP賞グランプリほか受賞)、『推定有罪』(12/WOWOW)、『チーム・バチスタ』シリーズ(08~14/KTV・CX)、『陰の季節』『刑事の勲章』(共に16/TBS)、『家売るオンナ』(16/NTV) 、『ラストチャンス-再生請負人-』(18/TX) など。映画には『接吻』(08/第23回高崎映画祭主演男優賞)、『K-20 怪人二十面相・伝』(08)、『劒岳 点の記』(09)、『行きずりの街』(10)、『北のカナリアたち』(12)、『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』(14)、『64‐ロクヨン‐ 前編/後編』(16)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17) などがある。
また、近年はドキュメンタリー作品のナレーションなど、声の魅力を活かした仕事にも多数、取り組んでいる。

  • 2021.05.05

    5/9 よる10時30分より『ネメシス』第5話OA!

    4月期新日曜ドラマ『ネメシス』第5話は、5月9日(日)22:30~放送!詳しくは、公式HP⇒こちら
    日テレドラマのYouTube新チャンネル!日テレドラマチャンネルは→こちら
    未公開シーンを追加し、新たに編集した「特別版」は、huluにて配信中→こちら

    NTV

  • 2021.04.28

    5/2 よる10時30分より『ネメシス』第4話OA!

    4月期新日曜ドラマ『ネメシス』第4話は、5月2日(日)22:30~放送!詳しくは、公式HP⇒こちら
    日テレドラマのYouTube新チャンネル!日テレドラマチャンネルは→こちら
    未公開シーンを追加し、新たに編集した「特別版」は、huluにて配信中→こちら

    NTV

  • 2021.04.22

    4/25 よる10時30分より『ネメシス』第3話OA!

    4月期新日曜ドラマ『ネメシス』第3話は、4月25日(日)22:30~放送!詳しくは、公式HP⇒こちら
    日テレドラマのYouTube新チャンネル!日テレドラマチャンネルは→こちら

    NTV

  • 2021.04.17

    4/18 よる10時30分より『ネメシス』第2話OA!

    4月期新日曜ドラマ『ネメシス』第2話は、4月18日(日)夜10:30~放送!詳しくは、公式HP⇒こちら
    日テレドラマのYouTube新チャンネル!日テレドラマチャンネルは→こちら

    NTV

  • 2021.04.15

    WOWOW『密告はうたうー』全キャストがリリース! 

    WOWOW『連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル』全キャストが発表された。
    仲村が演じる能馬慶一郎は、警視庁人事一課長監察係の監察官。主人公の佐良(松岡昌宏)の現・上司。公安あがりのエリートで表情一つ変えず容赦なく身内の不正を暴く。【能面の能馬】と警視庁内部で恐れられている存在だ。
    4万人を超える警視庁職員の不正を突き止め「警察の中の警察」とも称される警視庁人事一課(通称:ジンイチ)監察係にフォーカスし、警察内部の思惑が複雑に絡み合うハードボイルドサスペンス。
    放送・配信スタートは 8 月 22 日(日)よる10 時に決定(第一話無料放送/全6話)。
    特報映像も特設サイトにて本日解禁!
    濃密な人間ドラマ、そして誰が味方で敵なのか、疑念渦巻くスリリングなサスペンスにぜひご期待頂くとともに、ジンイチならではの緊張感溢れる監察対象の行動確認(通称:コウカク)シーンにもご注目を!<文中、敬称略>
    番組公式HP→こちら

    WOWOW

  • 2021.04.11

    『ネメシス』初回放送!

    4月期新日曜ドラマ『ネメシス』は、4月11日(日)夜10:30~初回放送! 詳しくは、公式HP⇒こちら

    日テレドラマのYouTube新チャンネル!日テレドラマチャンネルは→こちら

    NTV

  • 2021.03.28

    『トッカイ』4/4(日)ついに最終話OA! 仁科との凄まじい決戦が…!

    WOWOW・連続ドラマW『トッカイ~不良債権特別回収部』<全12話>最終話は、4月4日(日)よる10:00~放送です!
    詳しくは[WOWOW特設サイト]⇒こちら
    4月3日(土)深夜2:00より第一話~第十一話<4日正午より>を一挙放送! 一気観してから最終話のリアルタイム視聴、まだ間に合います!
    詳しくは⇒こちら

    WOWOW

  • 2021.03.21

    『トッカイ』いよいよ大詰め! 3/28(日)第11話OA!

    WOWOW・連続ドラマW『トッカイ~不良債権特別回収部』<全12話>大詰め!第11話の放送は3月28日(日) よる10:00~です!
    <トッカイ>VS<京都の怪商・仁科(仲村)>の最終決戦、間近!
    詳しくは[WOWOW特設サイト]⇒こちら

    WOWOW

  • 2021.03.20

    『日本沈没ー希望の人』撮影進捗状況リリース!深夜には特別ナビ番組OA! 

    本年10月にOAスタート予定のTBS日曜劇場『日本沈没―希望の人』の撮影進捗状況がリリースされました。
    2023年、未曾有の危機に直面する総理大臣・東山栄一(仲村)の人物像も明らかに!

    ○東⼭ 栄⼀/55歳
    ⾼い⽀持率に⽀えられた若く、クリーンな総理。丁寧でわかりやすい⾔葉を使うことや誠実な姿勢で、国⺠からの⼈気は⾼い。10年、20年先を見据え、⽇本を環境先進国にすべく、数々の環境対策を打ち出している。とりわけ注力したのが[COMS<コムス>]という対策で、その推進を諸外国に向けて⾼らかに⽰すが、党内を⽜⽿るいわゆる与党のドンを前に、なかなか思い通りの意⾒を通せない。無派閥ゆえに政権内での決定権に乏しく、守旧派に忖度して結果的に強引な決断ができない弱さがある。その状況を打開するために、各省から⼀名ずつ若⼿エリート官僚を選抜。⽇本の未来のための政策を議論する諮問会議“⽇本未来推進会議”を発⾜する。

    詳しくは、番組公式HP→こちら

    ■なお、本日、20日(土・祝)深夜25:58~26:28 (※一部地域を除く)、特別番組『超速報!⽇曜劇場「⽇本沈没」ナビ』がOAされます。
    ■TBS公式YouTubeチャンネル“YooTuboo“では、出演者インタビュー公開中!

    TBS

  • 2021.03.19

    ケムリ研究室no.2『砂の女』今夏、シアタートラムで上演!

    昨夏、旗揚げ公演『ベイジルタウンの女神』を成功させた<ケムリ研究室>第2弾公演の概要がリリースされました。
    1962年に書き下ろされ、近代日本文学の傑作と評されるとともに、世界20数カ国で翻訳され、安部公房の名を世界に知らしめた『砂の女』。
    この小説を原作に、ケラリーノ・サンドロヴィッチさん(以下、KERAさん)が上演台本・演出を手掛けます。
    東京・世田谷[シアタートラム]にて、8月22日―9月5日に上演、兵庫公演(9月)も予定。※東京公演チケット一般発売は7月予定
    第1弾は旗揚げ公演に相応しく賑やかな群像劇を、という“研究室“主宰者(KERAさん&緒川たまきサン)の意図どおり、“世界的に蔓延する憂鬱な事象“渦を忘れさせてくれるようなコメディ作品でしたが、第2弾は、複雑怪奇な仕掛けに惑わされるうちに、リアルな心理描写や肌ざわりに惹きつけられ、顛末が気になって仕方がなくなる<中毒性>を持った、少人数での濃密な作品になりそうです。
    一作毎の振り幅の大きさも、今後、同<研究室>の特徴となっていくのかも知れませんが、第一弾、第二弾と連続出演となる仲村は、まさに“研究員1号、といったところでしょうか? 期待が膨らみます。公演の最新情報は→こちら

    出演:緒川たまき 仲村トオル
    オクイシュージ 武谷公雄 吉増裕士 廣川三憲
    あらすじ:昆虫採集に出かけた男が、砂穴の底に埋もれる一軒家を訪れる。そこには一人の寡婦が住んでいたが、家の中にはひっきりなしに砂が流れ込み、女はひたすら砂を掻き出し続けている。男は脱出を試みるが、女や村人たちに逃げ道を阻まれて砂穴に閉じ込められ……。

    ■なお、明日、3月20日(土・祝) よる6:30~、WOWOWライブにて『ベイジルタウンの女神』が放送されます!

    キューブ

Prev Next
  • 土曜名馬座
  • ネメシス
  • エビオス錠
  • SYS HOLDINGS
  • 日本の轍