English
プロフィール写真
仲村トオルTORU NAKAMURA

Toru Nakamura was born on 1965 in Tokyo., Japan.
His career began with his lead role of “Toru Nakama” on “BE-BOP-HIGHSCHOOL”(85).
He was selected out of 6000 actors who auditioned for the main role. This was his breakout film which won him an academy award and so many other awards. The film was a massive blockbuster in japan and they produced 6 other series.

He was on popular television series “DANGEROUS COPS” which started broadcasting since 1986. It became the longest tv series and movie series for 30 years until they made the last movie called “DANGEROUS COPS : Final 5 Days”(16).

Toru achived moderate fame as international actor in early 2000.He won the best supporting actor award at 39th Grand Bell award” which is called academy award in Korea with this role on “2009 LOST MEMORIES ”(korea/04). He was the first Japanese actor who won this award. He also starred in “PURPLE BUTTERFLY”(China & France /05) which was on 62th Cannes film festival.

Seeing him in the theater allows you to see his talent. NODA MAP “EGG”(12) was invited to Paris shiyo theater. KERA-MAP “GOOD‐BY” won the best play 23rd Yomiuri theater award.

The most significant roles in his body of work to date include the plays “MUSIC OF CHANCE”(2005/2008), “KIKKAI” series (2009/2011/2016), “OTHELLO”(13). He has been active in film and television drama since making his acting debut.TV shows “TEAM-BATISTA”(08~14/KTV・CX), “IE‐URU‐ONNA” , films “SEPPUN”(07) <23 rd Takasaki film festival for best actor>, “K-20:Legend of the Mask” (08), “THE SUMMIT : A Chronicle of Stones”(09), “STRANGERSE IN THE CITY”(10), “A CHORUS OF ANGELS”(12),“TEAM-BATISTA‐FINAL CERBERUS‐PORTRAIT”(14). He also has been to narrate for documentary series because of his charming voice.

1965年、東京都生まれ。
1985年、映画『ビー・バップ・ハイスクール』の出演者公募にて、約6,000名から主人公の中間徹役に選ばれ、俳優のキャリアをスタート。日本アカデミー賞をはじめとする数々の新人賞を受賞する。同映画はヒットし、全6作が製作された。翌‘86年より放送が開始されたTVドラマ『あぶない刑事』も高い人気を得て、TVドラマ、映画共にシリーズ化されたが、『さらば あぶない刑事』(16)に至るまでの30年に渡るシリーズ全作に出演している。
韓国映画『ロスト・メモリーズ』(04/日本公開)では、韓国のアカデミー賞といわれる大鐘賞映画祭<第39回>において、最優秀男優助演賞を外国人として初めて受賞。中仏合作映画『パープル・バタフライ』(05/日本公開)は第62回カンヌ映画祭コンペティションに出品されるなど、国外でも実力が評価された。
近年は舞台でも、その存在感を発揮しており、2015年の舞台NODA・MAP [エッグ](12年初演)はPARIS国立シャイヨー劇場において招聘公演。同年のKERA・MAP [グッドバイ] は第23回読売演劇大賞・最優秀作品賞を受賞している。
このほか主な舞台出演作品には [偶然の音楽](05/08)、[奇ッ怪] シリーズ(09/11/16)、 [オセロ](13)など。テレビドラマには『空飛ぶタイヤ』(08/WOWOW/2009年度民放連ドラマ部門最優秀作品賞、ATP賞グランプリほか受賞)、『推定有罪』(12/WOWOW)、『チーム・バチスタ』シリーズ(08~14/KTV・CX)、『陰の季節』『刑事の勲章』(共に16/TBS)、『家売るオンナ』(16/NTV) 、『ラストチャンス-再生請負人-』(18/TX) など。映画には『接吻』(08/第23回高崎映画祭主演男優賞)、『K-20 怪人二十面相・伝』(08)、『劒岳 点の記』(09)、『行きずりの街』(10)、『北のカナリアたち』(12)、『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』(14)、『64‐ロクヨン‐ 前編/後編』(16)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17) などがある。
また、近年はドジュメンタリー作品のナレーションなど、声の魅力を活かした仕事にも多数、取り組んでいる。

  • 2019.02.21

    新文芸坐の〝追悼・黒澤 満氏〟トーク概要は下記にて!

    東京・池袋の〝新文芸坐〟で2月19日(火)に仲村がトークを行った。特集上映【追悼・黒澤満 70年代以降、日本映画の新しい地平を拓き多くの才能を輩出させた名プロデューサー】の企画で、今後も、黒澤さんに縁ある方々のトークも予定されている。特集上映の詳細は⇒こちら
    19日のトークの模様は⇒こちら または こちら

    新文芸坐

  • 2019.02.19

    2月20日(水) 日テレ『家売るオンナの逆襲』第7話OA!<夜10:00~>

     女性社員の活躍をアピールするために、テイコー不動産が立ち上げた『ウーマンプロジェクト』。メンバーに選ばれた万智(北川景子さん)は、キャリアウーマンの朝倉雅美(佐藤江梨子さん)と、ワーキングマザーの宇佐美サキ(佐津川愛美さん)と共にプロジェクトを進める。主義や価値観の違いで、朝倉と宇佐美は対立し、プロジェクトは難航するが、雅美は万智には仲間意識を抱き、自分の家探しを相談する。一方、サキは同期の足立(千葉雄大さん)の紹介で留守堂(松田翔太さん)に家探しを相談していたが、万智と留守堂が紹介する家がバッティング! 雅美とサキは、家を巡っても対立することとなる。留守堂の提案で、万智とのボウリング対決で、決着をつけることになったが、万智がボウリングが〝ド下手〟と知る庭野(工藤阿須加さん)は、万智の敗北を確信する。決戦日が近づく―――そんな中…。連日仕事で帰りが遅い万智に、密かに不満を抱く屋代(仲村)は美加(イモトアヤコさん)のバイト先の上司・三郷楓(真飛聖さん)に再会し、距離が縮まり―――。 詳しくは⇒こちら

     写真/〝ちちんぷいぷい〟で酌をされ、楓と…。

     NTV

  • 2019.02.17

    2月19日(火) 新文芸坐で〝黒澤 満プロデューサー〟の功績を語る!

    特集上映【追悼・黒澤満 70年代以降、日本映画の新しい地平を拓き多くの才能を輩出させた名プロデューサー】を開催中の、東京・池袋〝新文芸坐〟。仲村の出演作品は、特集上映28作品のうち7作品で、19()は『ラブ・ストーリーを君に』と『新宿純愛物語』の〝2本立て〟上映。14:15からの『新宿・・・』上映終了後には<16:15頃より>仲村がトークを行う。聞き手は、馬飼野元宏さん(『映画秘宝』編集者)。上映プログラム、トークをご覧になる方法など詳しくは⇒こちら

    ※仲村のトークご高覧目的のみでのご入場はご遠慮ください。
    ※プログラムは公式HPよりPDFでダウンロードできますが、追加決定された2月25日の、高瀬将嗣氏のトークはプログラムには反映されていませんので、ご注意ください。

    新文芸坐

  • 2019.02.15

    2月17日(日) WOWOWプライム 『孤高のメス』第六話OA!<夜10:00~>

    卜部(利重 剛さん)の発言により、病院内外で非難される事態となった当麻(滝沢秀明さん)。肝移植研究会会長・徳武(六平直政さん)にも目を付けられ、肝移植定着への道を閉ざされてしまう。思い通りに進まない現状に実川(仲村)も納得がいかず苛立つ。しかし卜部は「やりたいことをやるには権力が必要」と――。そんなある日、脳死判定を受けた少年の母親が、臓器提供を申し出た。肝移植手術をすべく、生命倫理委員会に掛けるよう訴える当麻だったが、意外な人物の反対に遭い――。詳しくは⇒こちら

    WOWOW

  • 2019.02.11

    2月13日(水) 日テレ『家売るオンナの逆襲』第6話OA!<夜10:00~>

     

    留守堂(松田翔太さん)の正体は、万智(北川景子さん)の小学校の同級生“ドジスケ”こと三瓶良雄だった!   尾行し、二人の様子を盗み見た屋代(仲村)の体調は最悪…の帰り道。立ち寄ったスーパーで、女性店長・三郷楓(真飛 聖さん)に優しく接客される―――。万智は<不倫を公認し合う>八十多湊人(武田航平さん)・つぐみ(内山理名さん)夫妻を担当するが、その頃、留守堂は大学教授の尾田順平(橋爪淳さん)から家探しの相談を受ける。しかし、妻・まり(筧美和子さん)との夫婦関係が冷えている様子? そんな中、屋代から留守堂の正体を聞いた庭野(工藤阿須加さん)は憤りを覚え、留守堂に万智に近づかないよう直訴する。しかし『密かに思う心の自由』は誰にも侵せないと諭され、いつの間にか意気投合! 心を許して八十多夫妻の話をしてしまい、留守堂は自らの客、順平の妻・まりと、万智の客、湊人が不倫関係にあることに気づく―――。湊人が新宿営業所に契約に訪れると、妻の不倫に怒った順平が乗り込み刃傷沙汰に! 二組の夫婦の家探しが難航を極める中、万智はナント留守堂に協力要請! 手を組んだ二人の天才不動産屋の下、驚愕のプロジェクトが始動する。詳しくは⇒こちら

    写真/傷心の屋代課長に出会い? …始まってしまうのか!? <第6話スチールより>

    NTV

  • 2019.02.10

    2月22日(金) PARISで開催中の〝JAPONISMES〟で映画 『接吻』が上映

    昨年9月より、仏・パリで開催中の〝JAPONISMES2018〟。日本の芸術・芸能・工芸等を紹介する一大イベントだが、来る2月22日()現地時間18:00より、万田邦敏監督の映画『接吻』(09年、仲村が高崎映画祭・主演男優賞・受賞)が〝パリ日本文化会館・大ホール〟で上映される。
    日本映画100年の歴史を、119本の映画で紹介する、意義ある企画の1本に選出されたもの。詳しくは⇒こちら

    独立行政法人国際交流基金ジャポニスム事務局

  • 2019.02.09

    2月10日(日) WOWOWプライム 『孤高のメス』第五話OA!<夜10:00~>

    肝硬変が進行し予断を許さない、湖水町の町長・大川(長塚京三さん)。唯一の救う手段は肝移植だと訴える当麻(滝沢秀明さん)に、「自らが助かるために人の死を望むような生き方をしたくない」と大川は拒否。しかし、どうしても父親を助けたい、甦生記念病院の看護師・翔子(山本美月さん)は、当麻に自らが「ドナーになりたい」と申し入れる。一方、日本初の生体肝手術を終え、ドナーの父親が順調に回復する中、さまざまな拒絶反応を起こすレシピエント・空也――。近江大学医学部付属病院の実川(仲村)は、連日マスコミに追いかけられ、責任を問われていた――。詳しくは⇒こちら

    WOWOW

  • 2019.02.04

    2月6日(水) 日テレ『家売るオンナの逆襲』第5話OA!<夜10:00~>

                                

    尾行―― 尾行―― 尾行 ――。5話の屋代は、ひたすら尾行し、衝撃的な事実を突き付けられていく…。<第5話スチールより>

    留守堂(松田翔太さん)に敗北した万智(北川景子さん)は突如、有給休暇を取って屋代(仲村)の前からも姿を消す―――。庭野(工藤阿須加さん)は残念な容姿の客・田部竜司(柄本時生さん)と婚約者の美女・宮寺奈々(知英さん)を担当するが、田部はチラシに載っていた万智の似顔絵を見て、小学校の同級生、陽気な人気者〝マンチッチ〟だと言い出す。人違いだと否定する屋代と庭野だが、マンチッチの口癖は「GO!」だと言われ―――。その夜、屋代と庭野は留守堂の正体をつきとめるため、フェンシングに向かう足立(千葉雄大さん)を尾行する。しかし、留守堂に尾行がバレて―――。詳しくは⇒こちら

    NTV

  • 2019.02.01

    2月3日(日) WOWOWプライム 『孤高のメス』第四話OA!<夜10:00~>

    日本初の生体肝移植手術の当日。ドナーの手術を頼まれた当麻(滝沢秀明さん)が助手を務める外科医・青木隆三(工藤阿須加さん)とともに近江大学医学部付属病院へ向かおうとする、そのとき――当麻の母親が倒れたと熊本から電話が入る。そのころ同病院には、優秀な実川(仲村)のことが気に食わない野本(宮川一郎太さん)のリークで、情報をつかんだ京阪新聞の記者・上坂喜一(三浦誠己さん)が押し掛けて――。 詳しくは⇒こちら

    WOWOW

  • 2019.01.28

    ’19年1月30日(水)日テレ『家売るオンナの逆襲』第4話OA!<夜10:00~>

    <働き方改革>に向け、各営業所は労働時間の見直しを迫られる。〝残業は減らし、売り上げは増やせ〟という本部指令に苦しむ屋代(仲村)は、鍵村(草川拓弥さん)を成長させるべく、庭野(工藤阿須加さん)を頼る――。万智(北川景子さん)は定年間近の山路功夫(佐野史郎さん)から娘夫婦の家探しを依頼されるが、企業戦士・功夫とは対照的に、娘婿・健太郎(田村健太郎さん)は上昇志向のない会社員。娘・花(北原里英さん)も、父・功夫の勧める資産価値のある家がダサい、と云い放ち、家探しは難航――。一方、万智に勝ちたい足立(千葉雄大さん)は、会社組織での働き方に不満を抱き、留守堂(松田翔太さん)のようなフリーランスの働き方に憧れを強め――。そんな中、なんと!鍵村が万智ではなく自分が花と健太郎に家を売ったと宣言して――! 詳しくは⇒こちら

    写真/行きつけの〝ちちんぷいぷい〟でも心癒されないのか、屋代!? < 第4話スチールより>

    NTV

     

Prev Next
  • 家売るオンナの逆襲
  • 土曜名馬座
  • エビオス錠
  • 孤高のメス
  • 日本の轍
  • ザ・チーム