English
プロフィール写真
仲村トオルTORU NAKAMURA

Toru Nakamura was born on 1965 in Tokyo., Japan.
His career began with his lead role of “Toru Nakama” on “BE-BOP-HIGHSCHOOL”(85).
He was selected out of 6000 actors who auditioned for the main role. This was his breakout film which won him an academy award and so many other awards. The film was a massive blockbuster in japan and they produced 6 other series.

He was on popular television series “DANGEROUS COPS” which started broadcasting since 1986. It became the longest tv series and movie series for 30 years until they made the last movie called “DANGEROUS COPS : Final 5 Days”(16).

Toru achived moderate fame as international actor in early 2000.He won the best supporting actor award at 39th Grand Bell award” which is called academy award in Korea with this role on “2009 LOST MEMORIES ”(korea/04). He was the first Japanese actor who won this award. He also starred in “PURPLE BUTTERFLY”(China & France /05) which was on 62th Cannes film festival.

Seeing him in the theater allows you to see his talent. NODA MAP “EGG”(12) was invited to Paris shiyo theater. KERA-MAP “GOOD‐BY” won the best play 23rd Yomiuri theater award.

The most significant roles in his body of work to date include the plays “MUSIC OF CHANCE”(2005/2008), “KIKKAI” series (2009/2011/2016), “OTHELLO”(13). He has been active in film and television drama since making his acting debut.TV shows “TEAM-BATISTA”(08~14/KTV・CX), “IE‐URU‐ONNA” , films “SEPPUN”(07) <23 rd Takasaki film festival for best actor>, “K-20:Legend of the Mask” (08), “THE SUMMIT : A Chronicle of Stones”(09), “STRANGERSE IN THE CITY”(10), “A CHORUS OF ANGELS”(12),“TEAM-BATISTA‐FINAL CERBERUS‐PORTRAIT”(14). He also has been to narrate for documentary series because of his charming voice.

1965年、東京都生まれ。
1985年、映画『ビー・バップ・ハイスクール』の出演者公募にて、約6,000名から主人公の中間徹役に選ばれ、俳優のキャリアをスタート。日本アカデミー賞をはじめとする数々の新人賞を受賞する。同映画はヒットし、全6作が製作された。翌‘86年より放送が開始されたTVドラマ『あぶない刑事』も高い人気を得て、TVドラマ、映画共にシリーズ化されたが、『さらば あぶない刑事』(16)に至るまでの30年に渡るシリーズ全作に出演している。
韓国映画『ロスト・メモリーズ』(04/日本公開)では、韓国のアカデミー賞といわれる大鐘賞映画祭<第39回>において、最優秀男優助演賞を外国人として初めて受賞。中仏合作映画『パープル・バタフライ』(05/日本公開)は第62回カンヌ映画祭コンペティションに出品されるなど、国外でも実力が評価された。
近年は舞台でも、その存在感を発揮しており、2015年の舞台NODA・MAP [エッグ] (12年初演)はPARIS国立シャイヨー劇場において招聘公演。同年のKERA・MAP [グッドバイ] は第23回読売演劇大賞・最優秀作品賞を受賞している。
このほか主な舞台出演作品には[偶然の音楽] (05/08)、[奇ッ怪] シリーズ(09/11/16)、 [オセロ] (13) など。テレビドラマには『空飛ぶタイヤ』(08/WOWOW/2009年度民放連ドラマ部門最優秀作品賞、ATP賞グランプリほか受賞)、 『推定有罪』(12/WOWOW)、 『チーム・バチスタ』シリーズ(08~14/KTV・CX)、『陰の季節』『刑事の勲章』(共に16/TBS)、『家売るオンナ』 (NTV) など。映画には『接吻』(08/第23回高崎映画祭主演男優賞)、 『K-20怪人二十面相・伝』(08) 『劒岳 点の記』 (09)、 『行きずりの街』(10)、 『北のカナリアたち』(12)、 『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』(14)、 『64‐ロクヨン‐』(共に16) などがある。
また、近年はドジュメンタリー作品のナレーションなど、声の魅力を活かした仕事にも多数、取り組んでいる。

  • 2017.11.18

    『土曜名馬座』11/22にイレギュラー放送予定

    毎週土曜21:54~22:00にテレビ東京(関東ローカル)で放送中の『土曜名馬座』EPISODE♯8<第八夜>は、11/22(水)22:48~22:54にイレギュラーでの放送を予定。11/25(土)は通常のレギュラー枠(21:54~22:00)にEPISODE♯9<第九夜>を放送予定。

    <これまでの名馬>◆第一夜[オルフェーブル]◆第二夜[ジェンティルドンナ]◆第三夜[スーパークリーク]◆第四夜[カンパニー]◆第五夜[スクリーンヒーロー]◆第六夜[メジロラモーヌ]◆第七夜[ダイワメジャー]◆第八夜[ホーリックス]

    TX

  • 2017.10.05

    サラブレッドの伝説を謳う『土曜名馬座』が10/7よりスタート

    永遠に語り継がれるであろう〝名馬〟にまつわる<伝説>を紹介するミニ番組。10月7日(土)にEPISODE♯1を放送予定。毎回、ある〝サラブレッド〟にフォーカスをあて、馬と人々が織りなした、ドラマの数々を描く。仲村は〝名馬〟の貴重なフィルムを上映する、ミニ・シアターのオーナーとして、番組をナビゲートする。
    EPISODE♯1でフォーカスをあてられた名馬は<オルフェーブル>。
    毎週土曜21:54~22:00/テレビ東京(関東ローカル)で放送予定。

    TX

  • 2017.09.30

    映画『22年目の告白』ブルーレイ&DVDセットが10/4リリース

    ブルーレイ+DVDセット<本編収録各1枚の2枚組>(通常版)と初回仕様のブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション<ブルーレイ、DVD、本編収録各1枚、特典DVD(メイキング、キャストインタビュー集などを収録)1枚の3枚組>の2バージョンでリリース。
    プレミアム・エディションの特典DVD映像は220分! オリジナル・ブックレットに加え、平田研也氏による映画の最初の設計図とも言うべき脚本「初校」もセット。出演者も、ほとんど目にすることのない貴重な「初校」封入意図は、その小冊子の扉の言葉で納得。<クリアアウターケース入り> 詳しくは ⇒ コチラ

    ワーナー・ブラザーズ/NTV

  • 2017.09.26

    舞台『プレイヤー』11/25にWOWOWでOA!

    シアターコクーン・オンレパートリー2017『プレイヤー』<8/4~東京・Bunkmamuraシアター・コクーンほか、大阪、静岡で上演>が11月25日(土) 18:00~20:45にWOWOWライブで放送予定。詳しくは ⇒ コチラ

    WOWOW/Bunkamura

  • 2017.09.24

    SPドラマ『帰ってきた 家売るオンナ』DVDが 9/27 リリース

    本年5月にアジア同時放送された <日本テレビ 金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画>『帰ってきた 家売るオンナ』のDVDがリリース。メイキング映像、PRスポット集の特典映像も収録。詳しくはコチラ 

    NTV/VAP

  • 2017.09.19

    舞台『プレイヤー』の台本がネット公開

    舞台『プレイヤー』の戯曲(作・前川知大氏)がネットで公開。あまり例のないことだが、ご高覧いただいた方は何かピン!とくるはず。!とこない方も、戯曲を読むとネット公開の意図が腑に落ちるはず…。<戯曲>が<現実>を侵食か!?
    詳しくは ⇒ コチラ

    Bunkamura / HB

  • 2017.09.02

    映画『禅と骨』 9/2 待望の公開

    仲村がナレーションを担当したドキュメンタリー映画『禅と骨-Zen and Bone-』が公開。大ヒットドキュメンタリー作品『ヨコハマメリー』の中村高寛監督が11年ぶりに放つ長編ドキュメンタリー。必見作! <予告編のナレーションも仲村が担当>
    詳しくは公式HPにて→コチラ

    トランスフォーマー/大丈夫・人人FILMS

  • 2017.08.31

    舞台『プレイヤー』大阪・静岡公演へ!

    Bunkamura シアターコクーンでの東京公演は無事に千穐楽を迎え、31日より森ノ宮ピロティホールにて大阪公演(9/05まで)。 そして9月09日、10日には静岡市民文化会館・中ホールでの公演を実施。各地公演詳細は、下記のコチラをクリック!

    ※大阪公演詳細は→コチラ
    ※静岡公演詳細は→コチラ

    Bunkamura

  • 2017.08.04

    舞台『プレイヤー』 8/4 東京公演が開幕!

    東京は<Bunkamura シアターコクーン>にて、8月27日まで。詳細は公式HPにてご確認ください。
    公式HPは⇒コチラ

    Bunkamura

Prev Next
  • 三井ダイレクト損保
  • エビオス錠
  • 日本の轍