English
プロフィール写真
仲村トオルTORU NAKAMURA

Toru Nakamura was born on 1965 in Tokyo., Japan.
His career began with his lead role of “Toru Nakama” on “BE-BOP-HIGHSCHOOL”(85).
He was selected out of 6000 actors who auditioned for the main role. This was his breakout film which won him an academy award and so many other awards. The film was a massive blockbuster in japan and they produced 6 other series.

He was on popular television series “DANGEROUS COPS” which started broadcasting since 1986. It became the longest tv series and movie series for 30 years until they made the last movie called “DANGEROUS COPS : Final 5 Days”(16).

Toru achived moderate fame as international actor in early 2000.He won the best supporting actor award at 39th Grand Bell award” which is called academy award in Korea with this role on “2009 LOST MEMORIES ”(korea/04). He was the first Japanese actor who won this award. He also starred in “PURPLE BUTTERFLY”(China & France /05) which was on 62th Cannes film festival.

Seeing him in the theater allows you to see his talent. NODA MAP “EGG”(12) was invited to Paris shiyo theater. KERA-MAP “GOOD‐BY” won the best play 23rd Yomiuri theater award.

The most significant roles in his body of work to date include the plays “MUSIC OF CHANCE”(2005/2008), “KIKKAI” series (2009/2011/2016), “OTHELLO”(13). He has been active in film and television drama since making his acting debut.TV shows “TEAM-BATISTA”(08~14/KTV・CX), “IE‐URU‐ONNA” , films “SEPPUN”(07) <23 rd Takasaki film festival for best actor>, “K-20:Legend of the Mask” (08), “THE SUMMIT : A Chronicle of Stones”(09), “STRANGERSE IN THE CITY”(10), “A CHORUS OF ANGELS”(12),“TEAM-BATISTA‐FINAL CERBERUS‐PORTRAIT”(14). He also has been to narrate for documentary series because of his charming voice.

1965年、東京都生まれ。
1985年、映画『ビー・バップ・ハイスクール』の出演者公募にて、約6,000名から主人公の中間徹役に選ばれ、俳優のキャリアをスタート。日本アカデミー賞をはじめとする数々の新人賞を受賞する。同映画はヒットし、全6作が製作された。翌‘86年より放送が開始されたTVドラマ『あぶない刑事』も高い人気を得て、TVドラマ、映画共にシリーズ化されたが、『さらば あぶない刑事』(16)に至るまでの30年に渡るシリーズ全作に出演している。
韓国映画『ロスト・メモリーズ』(04/日本公開)では、韓国のアカデミー賞といわれる大鐘賞映画祭<第39回>において、最優秀男優助演賞を外国人として初めて受賞。中仏合作映画『パープル・バタフライ』(05/日本公開)は第62回カンヌ映画祭コンペティションに出品されるなど、国外でも実力が評価された。
近年は舞台でも、その存在感を発揮しており、2015年の舞台NODA・MAP [エッグ](12年初演)はPARIS国立シャイヨー劇場において招聘公演。同年のKERA・MAP [グッドバイ] は第23回読売演劇大賞・最優秀作品賞を受賞している。
このほか主な舞台出演作品には [偶然の音楽](05/08)、[奇ッ怪] シリーズ(09/11/16)、 [オセロ](13)など。テレビドラマには『空飛ぶタイヤ』(08/WOWOW/2009年度民放連ドラマ部門最優秀作品賞、ATP賞グランプリほか受賞)、『推定有罪』(12/WOWOW)、『チーム・バチスタ』シリーズ(08~14/KTV・CX)、『陰の季節』『刑事の勲章』(共に16/TBS)、『家売るオンナ』(16/NTV) 、『ラストチャンス-再生請負人-』(18/TX) など。映画には『接吻』(08/第23回高崎映画祭主演男優賞)、『K-20 怪人二十面相・伝』(08)、『劒岳 点の記』(09)、『行きずりの街』(10)、『北のカナリアたち』(12)、『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』(14)、『64‐ロクヨン‐ 前編/後編』(16)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17) などがある。
また、近年はドジュメンタリー作品のナレーションなど、声の魅力を活かした仕事にも多数、取り組んでいる。

  • 2019.05.21

    兵庫のリーディング『レイモンド・カーヴァー』5月25日・当日券情報

    仲村が出演する、リーディング・シアター『レイモンド・カーヴァーの世界』(村上春樹・翻訳/谷 賢一・演出)。5月25日(土)14:00~の兵庫県立文化センター 阪急 中ホールの当日券は、開演1時間前の13:00~同・中ホール前の当日券ブースで販売致します。 詳しくは⇒こちら
    東京公演<5月31日(金)19:00~ /6月1日(土)14:00~/18:00~、六本木トリコロールシアター>についてなど、公式HPは⇒こちら
    上記の公演スケジュールは、仲村の出演回です。詳しくは、公式HPでご確認ください。

    兵庫県立文化センター/トライストーン・エンタテイメント

  • 2019.05.17

    舞台『終わりのない』に出演。10/29より東京ほか各地にて!

    2007年の出会いから、前川知大さんとご一緒した作品はこれまでに5作品。6作品目となる『終わりのない』の上演は20191029()1117()まで東京・世田谷パブリックシアターにて。以降、兵庫、新潟、宮崎にて上演予定。詳しくは⇒こちら

    世田谷パブリックシアター/エッチビイ

  • 2019.05.04

    『映画芸術』467号 黒澤 満プロデューサー追悼特集掲載号・発刊

    創刊は1946年。休刊時期も経たが現在も季刊誌のスタイルで発行されている。467号は、黒澤プロデューサーの映画を愛するお人柄が浮き彫りにされている永久保存版。あまりに多くの縁ある方からの声が寄せられ、収まりきれず、7月30日発売予定の468号でもpart2として特集を予定している。詳しくは⇒こちら

    ●東映チャンネル/OA予定
    5月/始動40周年記念【セントラル・アーツの軌跡 Vol.7~ビー・バップ・ハイスクール①~】詳しくは⇒こちら
    6月/始動40周年記念【セントラル・アーツの軌跡 Vol.8~ビー・バップ・ハイスクール②~】詳しくは⇒こちら

    東映チャンネル/編集プロダクション映芸

  • 2019.04.03

    『ザ・チーム』の放送時間が4月から土曜夜9時からになります!

    BS11で放送中の『ザ・チーム-勝ち負けの向こう側』の放送時間が4月より、毎週土曜日の夜9時から9時30分<21:00~21:30>となります。  詳しくは⇒こちら   

    BS11

  • 2019.03.24

    R・カーヴァーの世界〟鑑賞券発売 / TX『二つの祖国』<後編>放送

    リーディング・シアター『レイモンド・カーヴァーの世界』の前売鑑賞券が、3月24日(日)10:00より発売されます。<兵庫、東京とも> 詳しくは⇒こちら

    テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 山崎豊子・原作『二つの祖国』<後編>が3月24日21:00より放送されます。詳しくは⇒こちら

    兵庫県立芸術文化センター / TX

  • 2019.03.18

    3/23/24 二夜連続でTX『二つの祖国』が放送!<両日共に夜9:00~11:24>

    テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 山崎豊子・原作『二つの祖国』が、3月23日(土)、24日(日)の21:00~、二夜連続で放送されます。1900年代、第二次世界大戦前から大戦後まで、アメリカと日本の歴史に翻弄されながらも生き抜いた若者たちの〝奇跡の軌跡〟が描かれます。仲村は、L.A.のリトルトーキョーで、日本語新聞〝加州新報〟<主人公の天羽賢治(小栗 旬さん)が記者をしている>を発行する新聞社の社長・松井竹虎役。壮大なスケールで描かれる巨編! お愉しみに! 詳しくは⇒こちら

    ※3月23日(土)の『土曜名馬座』は、『二つの祖国』の放送終了後となります。

    TX

  • 2019.03.11

    3月13日(水) 日テレ『家売るオンナの逆襲』最終話OA!<夜10:00~>

    留守堂(松田翔太さん)が姿を消して1年。新宿営業所は、外資系のリッチブラスト不動産<以下、RB不動産>の急成長により業績が伸び悩み、消滅の危機を迎えていた。屋代(仲村)は一同を鼓舞するが、RB不動産は、今までの万智(北川景子さん)の型破りな方法を真似し、家を爆売りしている様子。住人の高齢化が進む『新宿ガーデンハイツ』の部屋も、次々買い占めている。屋代(仲村)は誰もその姿を見たことがないという、テイコー不動産・社長(舘ひろしサン)に助けを求めに出向く―――。万智と庭野(工藤阿須加さん)は、立ち退きに抵抗する住人、老兄弟の藤見明(笹野高史さん)と譲(本田博太郎さん)を訪ねる。が、二人を見た万智は突如、不止のしゃっくり地獄へ!足立(千葉雄大さん)と庭野が客を装い、RB不動産を偵察に行くと、なんとAIに万智のノウハウを組み込み、副社長に登り詰めた留守堂の姿が!万智への憎しみも露わな留守堂は『新宿ガーデン~』を都市型リゾートに再開発すると豪語。万智は、明と譲の元を再び訪ね、ある計画を提案する―――。実は老兄弟は昔、一世を風靡し、万智も心酔した大人気コミックマジシャングループ『マジック7』のメンバーだったのだ!詳しくは⇒こちら

    写真/〝ラスボス〟舘ひろしサンが特別出演!テイコー不動産の危機を救ってくださる…のか? <©日本テレビ>

    NTV

  • 2019.03.11

    3月の東映チャンネル〝セントラル~の軌跡〟で仲村出演作を放送!

    3月の東映チャンネル【始動40周年記念 セントラル・アーツの軌跡 Vol.5~仲村トオル~】特集では、映画『新宿純愛物語』『悲しい色やねん』『行きずり街』を放送。同チャンネルの『ピンスポ』では、仲村が撮影当時の貴重なエピソードを語っています。詳しくは⇒こちら

    東映チャンネル

  • 2019.03.11

    村上春樹さん翻訳のカーヴァー作品を朗読!3/24に鑑賞券発売!

    仲村が、リーディング・シアター『レイモンド・カーヴァーの世界』(村上春樹・翻訳/谷 賢一・演出)に出演します。5月25日(土)14:00~は兵庫県立文化センター 阪急 中ホール。5月31日(金)19:00~ 6月1日(土)14:00~/18:00~は六本木トリコロールシアター。公演の詳細は⇒こちら

    兵庫県立文化センター/トライストーン・エンタテイメント

  • 2019.03.05

    3月6日(水) 日テレ『家売るオンナの逆襲』第9話OA!<夜10:00~>

    相変わらず家を爆売の万智(北川景子さん)、今回は高齢の母と同居するため家を探す独身女性を担当する。庭野(工藤阿須加さん)は売り手のつかない古家の内装をフルリノベーションすべく、同年代の施工会社のデザイナー・真壁に協力を仰ぎ、絶対に売る、と張り切る。好調の波をとり戻した足立(千葉雄大さん)は新婚夫婦の家探し。すると、留守堂(松田翔太さん)が相談を受けていた女性の売却希望物件を、足立の客が気に入った―――が、内見中に思わぬトラブルが発生!? 売上が伸び悩む新宿営業所のメンバーも、それぞれ現地販売で大奮闘する中、張り切っていた庭野が、リノベ物件のデザインが客に受けずに苦戦してしまう。万智は、斬新なリノベを一掃し、全面畳に戻すと言い出す! 抵抗する庭野―――。そんな中、万智と屋代(仲村)の順調な夫婦関係を目の当たりにした留守堂の〝万智愛〟が爆発に向けてカウントダウン――――――。爆発のカウントダウンが始まっていた! 詳しくは⇒こちら

    写真/万智の一本被りではなく、何とか新宿営業所全体の売上を伸ばさないと…悩み深き屋代課長。

    NTV

Prev Next
  • 家売るオンナの逆襲
  • 土曜名馬座
  • エビオス錠
  • 孤高のメス
  • 日本の轍
  • ザ・チーム